鉢形城公園【埼玉・桜ツーリング8】

公園, 埼玉県

道の駅でネギ入りカレーパンでお腹を満たした後は、鉢形城公園に桜を見に行く。

鉢形城公園に近づくと、寄居の街並みから緑で彩られた森林に姿を変えていく。

目的のエドヒガン桜が見えてきた。
エドヒガン桜を通り越して、少し行ったところの駐車場で停車。
小石の敷かれ傾斜があるので慎重に。

この桜は樹齢約150年らしい。
桜の後方に大きな窪地があるので、そこから眺めてみると、大きな巨木を見上げるような感じになり圧巻。
巨木から降り注ぐ桜の花びらが舞う光景は風流かも。
ちなみに、愛称は鉢形城主北条氏邦の名から「氏邦桜(うじくにざくら)」。

桜を一回り見学したら、少し公園内も散策してみる。
園内は神社があったり城跡があったりと、所々歴史を感じさせる風景が見られる。
ちなみに鉢形城公園は国指定史跡。

後から気づいたけど、今回散策したのは一部分だけで全体はもっと広いみたい。

そろそろ西日の時間。
荒川沿いの桜と菜の花には間に合うかな?

スポット情報

鉢形城公園

埼玉県大里郡寄居町大字鉢形2496-2
観光情報 : 寄居町(寄居町役場)
(訪問日時 : 2021年3月26日 15時頃)

インスタグラム