草津熱帯圏【草津・初秋ツーリング13】

動物園, 群馬県

草津内で一泊した翌日、この日は東京までの帰り道。
いい天気で良いツーリング日和になりそう。
朝食をたくさん食べて、気分よく出発。

東京まで帰ると言っても、もちろんいろいろスポットには寄りながら。
メインとしては草津白根山の湯釜を見に行こうかと。

まず向かった先は草津熱帯圏。
近くにあるのですぐに到着。

草津熱帯圏。
日本で最も高い場所にある動物園。建屋内は温室になっていて爬虫類の飼育数は日本一だとか。
コロナでお客さんが減って経営状況は芳しくないらしい。

入り口の建物から、メインの動物たちが住んでいるドーム状の建物まで歩いていく。
途中お猿さんの山があったり、建物の外壁あたりにうさぎさん小屋があったり。

この小屋は鍵がかかってなければ、自由に開けてふれあい可能。
みんな人懐っこい感じで、久しぶりにたくさんナデナデ出来たかも。

ドームの中は熱帯と名の付く通り蒸し暑い。
ワニ、カメ、蛇、カメレオンなど爬虫類が多め。

順路はグルグルとまわる感じで、方向感覚が分からなくなる。
各動物の展示前に解説が書かれているけど、それぞれのコメントが面白い。
国とか大企業ではない民間が運営している独自色かな。

着ている服が多かったせいか、最後まで見終わると熱帯の空気をまとって汗ばんでいた。

スポット情報

草津熱帯圏

群馬県吾妻郡草津町草津286
観光情報 : 草津熱帯圏
(訪問日時 : 2021年10月3日 10時頃)

インスタグラム